上出来、上出来

上出来、上出来と言われました。

喜んでいいのかな?

素直にちょっと嬉しい。

プールで、女性監視員からの言葉です。

昔、娘がスポーツ少年団の水泳クラブに所属していた時、お世話になった先生方の一人です。

自分のブログを読み返してみると、水泳を習い始めたのは2015年1月。

60の手習いを始め、もう5年以上になります。

カナヅチで全く泳げなかった私、最初は市主催の短期初心者水泳教室に行きました。

その後は、民間の水泳教室に。

そこもまた、娘が選手時代に短期特訓教室に通ったスクールでの選手仲間。担当の先生のことを、娘に話すと知ってました。

親と子程の年齢差です。

スクールはその後、ヘルニアの痛みが強くなり辞めてしまいました。

スクールに行っても、できるのは背泳ぎとクロールのみ。

それ以外は腰に負担があるので出来ない為、自宅近くの公営プールでの練習に切り替えました。

体調に合わせてマイペースで、教わる人もいない一人練習。

不明な事はネット検索で、YouTubeを見たりの練習です。

勿論痛みが強い時は泳げませんし、手術後も休みました。

そうこうしながら、もうすぐ丸6年。

一人練習で時々休むし、あまり上達しません。

そんな日々ですが、更衣室で

「よく泳ぐようになったね!!」と声を掛けられたのです。

水が恐く、時々娘に教えてもらってた日々をご存知なのです。

でも、ちっとも上達しないですと返事すると。

上出来、上出来!!

だ、そうです。

全く泳げなくて、腰が不自由でターンもできる範囲で適当にです。

背泳ぎは400mまでは続けて泳げるのですが、それ以上になると体力がないのでフォームがだんだん崩れてメチャクチャな泳ぎになるので、無理しない。

クロールは、何が悪いのかターンした後の息がとても苦しい。

ターン後の一呼吸をするまでが必死。

こんな具合なので、50mずつしか泳ぎません。

泳ぐのは、クロールと背泳ぎのみです。

平泳ぎや、バタフライを泳ぐ人を羨ましく横目で眺めながらの練習です。

今は綺麗なフォームで、疲れずに泳げるようになる事が目標です。

タイムは気にしない。

時々、練習をサボりたくなるけれど、リハビリだと思って行ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA