ルーティーンと電話サポート

いつものパターン、ルーティーンに変更があると上手くいかないことが多い私。

特に朝のパターンが変わると、一日が上手く過ごせません。

適応能力が低いし、体がテキパキ動かず勿体無い一日になります。

今日は午前中にプリンターのことで、メーカーサポートに問い合わせ。

すると、動作確認も必要で時間がかかることなので、先方から電話をかけ直しますとのこと。

ところが、夕方6時半までに電話を入れます、と。

予定があったのですが、そのまま受けてしまいました。

午後になっても電話が入る気配はなし。結局6時過ぎに電話が入りました。

とても知識のある方で、解決できた事もある一方で出来ないこともありましたが、1時間もかからず一件落着。

しかし、いつ入るか解らない電話を待つのは身動きが取れない。そのまま対応してもらえるサポートでは、3時間かかったこともあります。作業そのものにかかる時間より、質問ごとに待たされる時間が長い。

どちらの対応も一長一短。

電話サポートは良く解らない高齢者にはありがたいですが、時間がかかることを覚悟の上でトイレも済ませての準備が必要。

プールでのルーティーン、いつものようにこなさず、上手く行かなかったことがあります。

プールに行った時間が中途半端だった時、逆に調子が悪くなりました。

私が行くプールは1時間に1回5分の休憩が入り、全員水から出なければなりません。

この日は休憩の7〜8分前にプールに入りました。

以前5分泳いで休憩になった時、体が温まる前に休憩になり濡れた体では寒くてたまらず、温かいシャワーを浴びても冷えた。そんな記憶から、いつものルーティーンをこなさず体を温めようと、いきなり泳ぎました。

どうも上手く行きません。

手足はバランバラン。やたら体が力む。こんな時はいくら泳いでもダメ。

緊張した体を緩め、整え、体幹を鍛えに行っている私。これでは逆に不調。

痛み止めを飲んで、二箇所にカイロを張って温めることになりました。

今日はとても良いお天気でしたが、体が重く頑張る気が起きません。

厚手のセーターなど洗ってしまおうとピックアップしたものの、洗濯できず。今日一日何をして過ごしたのかと自己嫌悪。

最近不調の時は明日こそ、明日こそと思うのですが、挽回することができない。

そんなことが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA