1月下旬で丸5年になるルンバが、新品に交換となりました。

我が家のルンバは770。

時々、部屋の中央でバッテリー切れで止まります。

取説によるとバッテリーの寿命は約1年半だそうですので、5年近くも使えたことにビックリです。

当然バッテリー交換時期でしょうが、ホームベースに戻らずカーペーットの上で死んでます。

アイロボットサービスセンターに相談の電話を入れると。

「おそらくバッテリーでしょうが他に不具合が無いとは限らないので、長期保証などがあれば購入店経由でお預かりさせてもらった方が良い」とアドバイスいただきました。

アイロボット社で確認の結果、わかったことは

  • バッテリー交換の必要性
  • 前面センサーの不具合

以上の2点でした。

バッテリーは消耗品ですので、費用は自己負担。

しかし前面センサー不具合については、すでに修理対応部品が無く、ルンバを丸ごと別の機種と交換させて欲しいとの提案でした。

確か870に交換だったと思います。(メモしなかったので忘れました、最近すぐに忘れます)

バッテリーの費用のみの負担で、新品が届くはずです。

ルンバ購入はネットではなく、近くの家電量販店でした。

ネットなら安いけどな??と迷いながら買いました。

5年前なので、今ほどネット購入に頼っていなかったのですが。

購入時にネットで購入しなかった理由は、他にもあります。

アイロボット社によると、以下の様な記載があります。

  • 例えば1年間の無償修理は
    認定販売店・認定販売代理店でご購入の製品が対象です
  • メンテナンスサービスは日本仕様正規品のみがお申込みいただけます。
    並行輸入品など海外仕様品はお申込みいただけません。

この記載を見て、ネット購入をためらったのと、家電量販店の延長保証が使えたので高くても近くの家電量販店で購入したのです。

現在のルンバの指定位置は、スッカラカンで相棒がいなくて寂しいです。

しかし、ルンバ安くなりましたね。

高機能を求めなければ、ダスト容器が水洗いできる「e5」や、水洗いはできないけれど「643」で十分です。

これらは5万円前後ですが、5年前よりかなり高性能になっています。

自分で掃除機掛けが辛くなったら、ルンバを使うと本当に楽で助かります。

また、床拭きロボットブラーバも32,270円からあります。

体が辛くなったら、導入できるものは頼れば良いと思います。

しかし、年金生活はかなり厳しいものがありますので、次回の我が家ではどうなるか不明。

汚いのはかなりストレスに感じるタイプなので、何かを削っても導入したいですが、優先順位がありますからねぇ・・・・・。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ


スポンサーリンク