リフォームトラブル

リフォームで、窓が開かなくなるトラブルがありました。

気付いたのは、約1週間前。

えっ!!という感じです。

困った事になりました!!

出窓が下がり、外壁塗装した際の塗料の厚み分がぶつかり、窓が開かない。

台形の出窓は、両サイドを外側にスイングして開けるタイプ。

昔、片方だけスイングする為の金具が壊れ交換したのですが、同じ物がなく別の金具が付きそもそもがキツくて開けにくかった。

そんな訳で、キツイのは金具のせいと思い、無理やり数回開けた為、塗装面は擦れて古い塗料が見えてます。

この窓は、隙間風が入り寒い。

開け閉めがキツくて難しい。

これらを改善して欲しい事は伝えていました。

出窓が前に傾いている事は水平器で測定し把握されてましたが、何しろ古いので解決方法が無く、工事ついでのサービス施工では解決方法が無い。

そんな感じで重要視されず、そのまま工事。

最後に隙間風の事を確認し、ここかな?と思える箇所にコーキングされました。

しか〜し!!

違ったのです。

隙間風はコーキングの箇所じゃなくて、金具が干渉している箇所に目視できるほどの隙間が。

仕方なく、自分で隙間風対策グッズを購入し貼りましたが、換気扇や空気清浄機が動くとここからゴーっという音が聞こえます。

それほどの隙間があるけれど、仕方なく諦めてました。

その時に、窓がぶつかり開きにくい事を発見。

これをこのままにしておくと、ますます歪みが酷くなるでしょうし、家全体に及ぼす影響は?と不安に。

担当者に連絡するも、すぐには来てもらえそうも無い。

これは、工事前の確認時の傾きに気付きながら、詳しい調査を怠った為だと思い、心がざわつきます。

結局、私が取った行動は

ちょうど手元に届いていたアンケートに書いて提出する事。

だったのですが、

経過を追っての説明と写真を入れたいので、数行の記入欄には書ききれない。

別紙添付として出す予定が、プリンターのインク切れで印刷できない。

仕方なく、本社のアンケート提出先に電話しました。

「申し訳ないけれど、現時点で困った状況にありまだ誰も現場確認に来られず、対応がいつになるかも分からず、悪い評価をさせていただくしかありません」
「アンケートの提出と同時に、添付ファイルで送付させて下さい」と。

すると

技術系の上の方から連絡があり、その日の内に確認に来られました。

話すと感情的になりそうなので、送るつもりだった説明文A4サイズ2ページを渡しました。

赤外線が出る測定器で測定。

窓の下がりも脚立に上り目視で確認。

このままだと、窓の下がりは益々大きくなり、場合によってはガラスの落下もあるそうです。

下がった窓をあげるのか、窓を交換するのか。

一体どうなるのでしょう。

窓を交換すると全ての問題が解決すると思います。

しかし、その場合は

最初の見積もりでの窓交換より、追加の費用が発生する事は素人の私にも分かります。

一体いくら追加になるのか、そのままこちらが負担する必要があるのか。

どの様な、解決策と金額が提示されるのか?

結果が出るまで待つしかありません。

納得できなかったら、信頼できる機関に相談しようと思います。

住まいるダイヤル(公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター)

ここは国が指定した住まいの相談窓口です。

説明の動画を見ると、無料です。

匿名でも相談できます。

これから寒くなるのに、また工事とか面倒な気持ちもありますが、このままって訳にはいかない事態です。

スムーズに解決でき、安心して住めるのが望みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA