5年近い相棒ルンバの知らなかったこと

5年近くの相棒、ルンバの事を理解していませんでした。

最近、掃除が早く終わるなぁ?

綺麗だから早く終わっちゃうんだろうと、解釈。

先日は部屋の真ん中でバッテリー切れの赤いランプがついて止まってました。

バッテリーが切れても当たり前の年数使っています。

でも、バッテリー切れになる前にホームベースに戻って充電が終わったらまた掃除してくれる、そう理解してました。

バッテリーだけ購入し自分で交換すればOK、の可能性が高いです。

アイロボットサービスセンターに確認すると、

我が家のルンバには、バッテリー切れでホームベースに戻った場合、掃除を再スタートする機能は無いそうです。

30分程度と早く掃除が終わっていた時は、バッテリー切れの可能性もあったって事。

部屋の真ん中でバッテリー切れランプがついて止まっていたのは、戻るのが間に合わなかった。

つまり、このルンバはホームベースを記憶して戻る機能は無く、探しながら戻る。

探してる間に、バッテリーが切れてしまった。

5年近く一緒に暮らし、何かに引っかかって動けなくなっているのを見つけると、

つい「ごめん、ごめん」とルンバに謝ってしまう。

そんな親近感のあるルンバの事を、全く理解していませんでした。

ネット購入だと安く購入できるので、最近はもっぱら小さな家電はネット購入ですが、このルンバは近くの家電量販店で購入し、まだギリギリ延長保証の範囲内です。

バッテリー以外に不具合がある可能性もあるので、家電量販店経由で修理に出された方がとアドバイスもらいました。

バッテリーは10,800円。

バッテリー費用のみは実費になりますが、おそらく綺麗に掃除され新品のようになって戻るはず。

家電量販店にホームベースごと抱えて持って行くのは、重いですが延長保証を有効に使います。

ネット購入じゃなくて、良かった。

しかし、次々と壊れる我が家の家電達。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA