古いボネコの加湿器の事です。

大きくて季節ごとの出し入れも大変ですが、機能がシンプルで気に入っています。
リビングで使用している、気化式加湿器です。

気化式加湿+空気清浄を同時に行う「AIR WASHER」
気化式加湿は、室内の乾燥した空気を吸い込んで本体内部の水にくぐらせて「湿った空気」にして送り出す方式です。
室内の空気が湿っているときは水をくぐらせても、それ以上の水分は加わらないから、「加湿しすぎない」のが最大の長所です。
また独自に開発した「自動回転ドラムディスク」が空気中のホコリやカビ、黄砂や細かな微粒子をキャッチして水で洗い落とすので運転すればする程に、空気がキレイになります。

Joshin web 楽天市場店より引用)

抗菌スティックを注文して、支払いがまだ終わっていないのに、機能低下です。
通常の加湿ができません。
2段階調節できる、最小の加湿?それよりも加湿が少ない感じです。

水は減っているので、多少は加湿できているみたい。

加湿器が必要な間は、このまま使用します。
しかし、これ使い続ける?


古くて大きいので、修理してまではね・・・・
カタログハウスで購入したものなので、修理は宅配便で送らなくてはいけません。

高い送料を考えると諦めますかね。

現在カタログハウスではこのタイプの扱いはありません。
私のは古いですが、Joshin web で同じような商品の取り扱いがありました。
型番までは調べていないので、全く同じかは不明です。

この加湿器、機能はとてもシンプルで、加湿しすぎることもありません。
加湿している水蒸気は全く見えませんが、必要な加湿はしっかりと行っています。

加湿器もですが今後、色々な物が壊れるでしょう。
その時は、将来の自分の生活を考えて必要か否か。
必要でも機能を下げるか、小さなサイズに変更するなど検討する必要があります。

これまで通りにはいきません。
どこでどう暮らすか、現在のところ不明です。

やたらと購入せずに物のやりくりをし、自分が移動するなどして暮らした方が良さそう。
そして、必要ならば購入します。

加湿器は、水が入るので重い。
リビングと寝室を1台でやりくりするのは大変。
喉が弱いので、加湿器は絶対に必要。

どうするべきか、リビングを寝室と兼用という訳にもねぇ。
広い部屋を、冷暖房するのは非効率。
LDKはリフォームせず30年前のまま、断熱材なども昔のままで寒い。

加湿器だけなら、次の季節にはやっぱり購入?

リビングも狭くていいので、寝室をリビング兼用。
う〜〜む、ちょっと難しい。

少しづつ考えます。
まだ引っ越しの件も捨ててはいないので。

できれば仕切れるワンルーム、プラスキッチンで十分ですけどね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク