曇り空から青空に!

老いて身体が多少不自由でも、楽しまなくちゃ人生は一度きり。最後は笑顔でありがとうと終われるように

プチプラじゃないよ、たまには高級品も買います

プチプラじゃ無くて、

高級品もたまには買います。

高級品とは大袈裟かもしれませんが、チョット良いメガネ拭きです。

価格は1,210円。

普段買う事はなく、貰った物で済ませてました。

だって拭ければ良いですもの。

わざわざ買わなくても済んじゃいます。

メガネ拭き、あまり買わないですよね(私だけ?)。

メガネを作った時に付属で付いてきたり、メガネ屋さんに貰ったもので済みます。

けれど、メガネが日常的に必要な方ならわかると思うのですが、メガネはずっと掛けてるとかなり汚れます。

付属のメガネ拭きで拭く以外にもメガネクリーナーを吹き掛けて、拭きます。

メガネは毎日、拭きます。

けれどこれが案外綺麗になりません。

最近は真剣に、超音波洗浄機が欲しいと思います。

けれど私のメガネ、丸ごと入れる事が出来ません。

ツルの部分に付いてるスワロフスキーが取れてしまうので、超音波洗浄機に入れる時は注意が必要と言われてます。

スワロフスキーの部分が浸からないよう手で持って入れれば良いのでしょう?多分?

今度聞いてみます。

それでも、やっぱり拭き上げは必要。

綺麗に洗ったメガネ拭きで拭いても、綺麗にならない。

結構ストレスでした。

そこで思い出しました。

シャルマンのメガネを作った時に、ケースに入っていたメガネ拭き。

これを使わずにケースに入れたままで、普通にもらうメガネ拭きで拭いてました。

(メガネケースの中に、ビニール袋に入ったままの状態)

これなら綺麗になるのでは?と拭くと、意外にあっさりと綺麗になりました。

普通のメガネ拭きより柔らかく、素材が全く違い綺麗になります。

付属じゃ無くて、市販されてるのもあるのでは?

早速、買いました。

チョット良いメガネ拭きです。

長い名前ですが

鯖江のメガネ工場がいつも使っているメガネ拭き」

やはり、シャルマンで作っているメガネ拭きでした。

サイズも大きめで20×30cm

付属のメガネ拭きと比較すると

かなり大きいです。

そして、生地も厚くシッカリしています。

メガネを拭くときにヨレて、グシャッとなることはありません。

早速使ってみると、ストレス無く綺麗になりました。

感動モノです。

この大きさと、生地の厚さが丁度良い。

運転や読書の時だけ使用する方は、メガネの汚れはさほど気にならないかもしれませんが、常時メガネ使用のメガネユーザーさんにはオススメです。

Amazonではカラーは

ベージュ・黒・ラベンダー・ライトグレーの4色があります。

自分でお金を出してまで買わない人、多いかもしれません。

チョットしたプレゼントにも、差し上げると喜んでもらえると思いますよ。

「とっても綺麗になるメガネ拭き」と、一言添えて渡すと良さそうです。

今年もまだ半分しか過ぎていませんが、私の中では2022年購入品の中で一番になるかもしれない商品です。