割烹着

冬は割烹着が暖かくて便利。

セーターなど頻繁に洗濯しない衣類の汚れ防止にもなり、冬の割烹着は大好きです。

新しく購入したいのですが、お手頃価格で気に入ったのが無くて困ってます。

妥協して買おうかな?と思ったり。

手持ちの割烹着を真似て型紙作ろうかな?と思ったり。

そんな時、割烹着の気になる本を見つけましたので、早速借りてきました。

布がたっぷり使用してあるものは、なんと3.3mも必要だとか!!

ちょっと布使い過ぎ。

手持ちの布で作るつもりですが、割烹着で3m以上の布を使うのは勿体無い。

せめて2.5mで作りたい。

市販の割烹着を布に置いてみると、安いものは大体1.5m程度で作ってあります。

それなら安く作れるけど、少しはデザインも好みを取り入れたい。

全ての希望を取り入れたデザインは無く、あれこれミックスして作るしかなさそうです。

すぐには作れないので、2、3の気になるデザインの型紙を写して返却しようと思ってます。

図書館の借りれる期間は通常2週間。

2週間はあっという間に過ぎてしまいます。

次の予約をしている人がいない場合は、延長をかけてさらに2週間。

作りたい作品が多く出ている時は、メルカリなどの中古本を探して買うこともあります。

こんな些細な節約しかできないのですが、何もしないよりマシかな?と思ってます。

何も買わない、余計なことは何もしなければお金を使わずにすむのですけどね。

もしくは、自分で考える。

ネット検索で、それらしきものを探して工夫すると良いのでしょうね。

アイデアは浮かばないし、検索には時間がかかるのでまずは図書館利用しているこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA