人工芝を敷いた、古い土のリサイクル

昨日の記事に載せた、人工芝を敷きました。

リビング前のコンクリートむき出し部分に敷くのが目的で、人工芝を買いました。

こうして画像で見ると、かなり左側の地面が高いです。

もっと土を削って下げた方が良いのかも??

端が丸まった癖が取れるまでレンガで抑えてます。

手前はコンクリートでは無く土なのですが、白っぽくてコンクリートみたいな色に見えます。

人工芝は5m購入し、余っているので勝手口にも。

土や埃の跳ね返りで、ドア周りがすぐに汚れるので敷きました。

ここも只今、重石で癖取り中。

まだ残っているので、ここにも

ポストの支柱も泥跳ねですぐに汚れます。

脚の箇所はくりぬいたものの、四角のまま設置。

縁を丸くカットするとか考えた方が良さそうな気もしますが、しばらくこのままで様子見です。

そして、気になる花壇の縁取り。

この尖ったレンガを危険回避したい。

斜めに設置しているので、万一転ぶと危ないのが気になります。

テラスから庭へと、洗濯物を持って動くので体幹が悪い老人には危険!

せめて、小さな丸っこい石にしようかと思案中。

そして

古い土をリサイクルして使うために、「ふるい」に掛けました。

最近は、適当に根っこを取るのみでリサイクルしてましたが、何十年振りかの作業です。

この「ふるい」も使わないので、捨てようかと思ってたほどですが、残してて良かった!!

久々に丁寧にやりましたよ。

昔は適当にやってましたが、動画で詳しい説明があったので参考にします。

古い土は、ビニール袋に入れて水を入れ、真夏の炎天下で1〜2週間置き消毒。その後リサイクル材を混ぜると良い土に復活します。

しかし、ソロソロ天気が厳しいです。

炎天下に置く代わりに木酢液が良いとか。

外をウロウロしてて、発見。

芽が出てますよ。

春に種まきタイミングを逃し、秋も忘れてたベビーリーフです。

既に発芽適温の15~25℃がギリギリ。来週は気温が下がりそうです。

タネまきから収穫まで25日。

収穫は厳しいかもしれませんが、生育の過程を見てみましょう。

気温が下がると虫も少なく、一口くらい食べられるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA