なかなかの曲者痺れ

痺れ、たかが痺れとも思うのですが、そうでもありません。なかなかの曲者です。

ヘルニアの痺れなのですが、激痛よりマシなものの、歩き難い。力が入り難い。

痺れた状態が長く続くと、手術で痛みは改善しても痺れは残る事が多いそうです。できる限り痺れが少ないよう、日中はコルセットを装着しているのですが、この気温で暑い。

それに夕方になると痛みも加わり辛い。コルセット装着でも辛いなら外してしまえ。と、コルセットを外したり着けたりしています。ところが、夕食後は起きていられないほど辛い。

結局、横になって休みます。それから後片付け。

昨日はその後でも辛くて、ベットに移動。目覚めると深夜1時。

それから入浴して寝ました。確か2時を過ぎていたかと。

昨夜は特別に就寝時間が遅かったのですが、ほぼ毎日夕方からはダウン状態。午後から何もせず横になってテレビでも見ていればまだマシですが、春の家仕事をほとんどしていなかったので、今やるしかありません。

手術になったら、またしばらく何もできない生活になると思い、つい頑張ってしまいます。

しかし、難しい場所にできているヘルニア。今の病院の医師は腰の名医なのですが、果たしてどんな手術になるのか、次回受診で今後の治療法の提案があると思います。

色々勝手に想像しています。もし難しい手術でリスクが大きいのなら、手術しない選択肢もあるのかもしれません。激痛がない時は、そんな事も考えます。

でもやっぱり、夕方からの辛さや、ベッドの上で就寝時や夜中も痛みで寝れない日々が続くと、激痛でなくても辛い。この状態が続くのはもう懲り懲り。

色々な思いが出てきます。正座で痺れる感覚とは少し違いますが、痺れて歩けない力が入らない感覚に少し似ています。

こんな痺れが強くなったり和らいだり、場所が少し移動したり広範囲になったりとなかなかの曲者なんです。

時にはもうやだ〜〜!!早く手術したい!と思います。

本当に私の体はどうなるのやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA