15〜6年?たったそれだけしかないの?

15〜6年?何だと思います?

私が80歳までの年数です。

娘と話していて、とりあえず自立した生活を考えるのは80歳まででいいのでは?

そのあとはケアハウスが、私には向いていると。

60代前半で健康な方や、夫婦お二人揃っておられる方、子供達や元気な弟や妹さんと助けてもらえる身内がいらっしゃる方は、まだまだ老後の生活の想像ができない方も多いことでしょう。

しかし私は、現在64歳。一戸建ての一人暮らし。現時点でも、外回りの管理も含めて苦労しています。

近くのバス停は本数が少なく大通りまで出るには15分以上かかります。

タクシーを使うもの微妙で嫌われる距離。

買い物も1キロ以上あり、買い物難民と言われる距離です。

現時点では買い物を配達してくれるのは、生協しかありません。

生協のみで食品を賄うと、やはり高くつきます。

高いだけではなく、これだけ?って量しかありません。

昔に比べて量が少なくなりました。g数が書いてありますが、チョットわかり難いし、生活に必要な買い物が不便なのです。

大きい病院も遠い、この家に住み続ける不安が付きまといます。

引っ越しは頭の隅にいつもありますが、実行する勇気と決断力がありません。

そんな私が、娘にマンション投資しない?

そのマンションを私に貸して、家賃払うから!と半分以上は冗談です。

娘たちは現在賃貸マンションに住んでますので、家賃を払いながらマンションのローンを払えない、と。

そうよねぇ、そのローンを家賃として私が払うから。

すると、頭金がない、と。

頭金いくらだろう?私が払う?払える??

頭金払って、ローンも私が払ったら、結局私が買うってこと??無理だわぁ・・・・

すると娘:お母さんがローン組めないからでしょ?

そうでした。根本を忘れておりました。

歳をとってから賃貸に住み、万一退去しなくてはいけなくなったらと不安です。

高齢者は大家さんも貸したがりませんものね。

一生、賃貸に住むことを考えなくても、80歳位を目安にと言われると、何と15〜6年しかなかったのです。

あっという間ですよね。

もたもたして入られません。

先日も友人が来て話していると、もし彼女の立場ならこの地には住まない。便利の良いところに引っ越すと。

元気な人には想像できないでしょうけれど、病院通いが必須の人は本当に大変なのです。

病院が遠いと一人で行くのも、介護保険が使えるようになり同行してもらうのも、介護タクシーを使うのも距離があると大変です。

近ければ気軽にタクシーも使えます。

15〜6年と思えば、マンション購入は必要ないと言われると、確かに!と納得。

しかし、娘の住んでいる地域は今開発が進んでいるので、地価が高騰しているとか???

やっぱり先を見越して、自分たちの将来のためにもマンション投資し貸して???と最後も冗談で終わりました。

90歳や100歳まで生きるかもしれないと思うと、不安でたまりません。

ケアハウスが私に合っているのか、入れるケアハウスがあるのかすら不明です。

しかし、ただ漠然と不安に思っていても不安は不安を増します。

どんな老後を送るのか、もう少し勉強しないといけませんね。

もし80歳でケアハウスに入っても95歳まで生きたら、そこで15年もあるのです・・・・。

この先賃貸で暮らす年数と同じ位、もしくはそれ以上の年数が。

想像できるようなできないような。

でも、一人暮らしが難しくなる年齢はすぐそこまで来ています。思ってた以上に年数がありませんでした。

無駄に暮らしていたら、もったいない。

そう思った1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA