年寄り臭い下着をつけたくないと思っていた

いかにも高齢者っぽい下着、身につけたく無いと思っていました。

いくつになっても、それなりにおしゃれな下着を身につけたいとずっと思ってました。

高齢者だからって、どうして年寄り臭い下着を身につけなくちゃいけないのか??

それがね、徐々に着けられなくなってきました。

手持ちのおしゃれな下着も、ほぼ新品のまま持ってますが、今では身につけようと思わない。

高齢者の全員に当てはまるかわかりませんが、私は徐々に身につけたい下着が変わってきました。

理由は、洋服にも同じ事が言えます。

  1. ピッタリとかキツ目の下着(洋服)が苦手になってきた。→→少しゆとりがある方が心地いい。
  2. チクチクする素材が苦手→→肌に優しい素材がいい
  3. 時にはラベルもチクチク。切ると角が余計にチクチクしそう。

2017年にもブラジャーの記事を書いてました。

なかなか買わない、しつこい私

もう、3年も前からソフトタイプのブラを探していて、あれこれ書いてます。

この時、グンゼのキレイラボについて教えてもらったのですが、ショッピングセンターの下着売り場で下見したものの、ブラのサイズが、Mからだったのでピンと来なくて購入に至らず。

その後、2018年からジニエブラエアーに変えています。

少しづつ入れ替えて、最近身に付けるのはほぼジニエブラエアーです。

病院でMRIやレントゲンを撮ることも増え、金具無しが便利。

ピタッとするので、違和感も無いのですが、真夏は暑くて苦手なのでカップ付きキャミソール。それ以外の季節は、ジニエブラエアーがメイン。

カラーも豊富で、そこそこ気に入っているのですが、伸縮する素材の為か毛玉が付きやすいのが、デメリット。

時々毛玉取り器を使いながら、2年は使えると思います。

真夏に着けないからか、毛玉取り器でキレイにしながら使えばそれ以上使えます。

ところが、最近はジニエブラエアーがストレスになって来ました。

ピッタリし過ぎが窮屈に感じ、時には脇のラインが水着でかぶれやすく、スイミング後に着けると違和感が。

乾燥肌だからではと、プールに行く日は何回も保湿。

プール上がりに、ジニエブラが当たると痛いので、持っていた顔用オールインワンジェルを塗って保湿すると、摩擦が無くなり楽に。

今だったら、キレイラボのMサイズブラ(ハーフトップ)が良いかもしれません。
自宅ではパッド付きのシャツでも良いかも?って思えるようになりました。

こんな具合に、ピッタリするものが苦手になって来ました。

皮膚の弾力、つまりハリが失われ摩擦に弱くなりました。

老化による乾燥もあるでしょう。

下着は、直接肌に当たるのでもちろんですが、洋服も同じです。

素材によってはチクチク感が苦手。

セーターの首が窮屈。

もう少し身幅がゆったりしていると、身体が楽なのにと感じます。

昨年、オンラインショップで購入したセーター、同じショップで1年前に購入したセーターと比較すると大き過ぎる。

あまり大き過ぎるデザインは苦手でしたので、タグ付きのまま保管していました。

結局、メルカリでほぼ半値で売却。

しかし今年は、ゆったり大き目の方が楽。

ちょうど良いと思っていた、以前のセーターは首が窮屈と感じるんです。

あ〜〜あ・・・・・

売らなきゃ良かった。

そんな思いです。

年齢と共に、良いと思うものが少しづつ変わっていきます。

結局、思いとは別に身体が心地良さを求めます。

歳を重ねてやっと、高齢者の下着事情が理解できました。

自然に身体が求めるものが、変わっていく事を。

キレイラボシリーズの気になる物がありますが、まだ身につけていない手持ちも数枚。

1年単位で好みが変わってくるので、今欲しくても手持ちストックがあるので買えません。

ブラックフライデーのセール文字が気になるけれどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA