コロナ対策してプールへ

久しぶりにプールに行くと、すっかり様変わり。

プールも、コロナ対策してました。

入り口の張り紙をよく読むと

  • 団体使用はしばらく中止
  • プールでは喋らない
  • 歩行コースのみマスクの使用を許可
  • 1コースに入るのは最大で3人まで。遊泳コースは10人まで。

記憶が定かではありませんが、こんなことが書いてありました。

そして、プールにいたのは比較的若い人。

水泳部の学生さんかな、他の人たちと泳ぎが全然違います。

私はどこで泳げば良いのか・・・・、邪魔にならないようにと気を使います。

久しぶりで体が重い。

足も腕も重く、息も続かない。

体力がかなり落ちていたのか、かなりシンドかった。

今日は、疲労からか身体中が重い。

多少は筋肉を鍛えていたつもりでも、陸上とは全く違う筋肉の使い方なのか、全くダメ。

コロナで自粛は必要だけれど、高齢者はすぐに筋力が落ちるから、あんまり閉じこもっているのもダメみたいです。

先日もテレビで、訪問診療のお医者様が訪問先のおばあちゃんに、多少は出て歩いた方が良いと言われてました。

おばあちゃんは、怖くて外出していない。と

すると医師は、ハグとかする?

おばあちゃん、しないしないと笑ってます。

コロナもだけれど、足腰が弱るから外に出て歩くのも大切と!!

密にならないよう、適度な運動は必要。

特に高齢者は、すぐに筋肉衰えますから。

プールへは、除菌対策していきましたよ。

手作りの除菌ウェットティッシュ。

(使用した残りでグチャグチャ)

1枚づつキッチンペーパーを折り、小さめジップロックに入れて、消毒液を吹きかけました。

何枚か作り、ロッカーのキーや、髪を乾かす時にドライヤーを置いたりする洗面台の上などなど。

拭いた台にドライヤーを出し、髪を乾かす。

それでも、念には念を入れて、化粧水をつけるなどの顔に触れることは避けてそのまま何も付けず。

車に乗る前にも、手を拭いて。

帰宅後は、即お風呂。

市販の除菌ウェットティッシュが見当たらないので、自作するしかありません。

無いより、いいかな。

手指の他にも、拭いた台の上に物を置いたりと使えます。

外出の都度作ってます。

安く買えれば、携帯用除菌ウェットティッシュの方が安上がりで便利です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA