掃除機に襲われる

普段はコードレス掃除機を使用しているので、たまにキャニスター型掃除機を使用すると大変さを感じます。

コードに乗り上げてスムーズに動かない掃除機をたぐり寄せると、足にぶつかったりと痛い目にあいます。

コードが本当に邪魔です。
バッテリーでもない、コードレスで充電できたら便利なのにね。

丁寧に掃除をするぞって思う時はキャニスター型を使うのですが、昨日は何度も掃除機に襲われたので、空想しました。

掃除機の未来を。

今家電は、共働きの忙しい世帯の家事が楽になるようと考えられ、スマホで予約したり、ルンバの掃除状況が見れたりと、進化しています。

シニア向けに軽い掃除機も出てきましたが、シニアが使いやすい家電はまだ少ないように思います。

1階のリビングはルンバも使用していますが、障害物もたくさんあります。
全ての家具が10センチくらい上に上がると、ルンバが動きやすいのに!

自分でキャニスター型の掃除機で掃除する時も、掃除機が近づくと自動で宙に浮いたら、シニアも掃除が楽になると思います。

年々、体が自由に動かなくなると、家具が宙に浮くシステム良いと思います。

ルンバで隅々まで掃除できます。
床拭きロボットのブラーバが床を綺麗に拭いてくれます。

こんなシステムできないかしら。
それとも、1家に1台人間のように働くロボットでしょうか。

ルンバも使用して十分楽な生活をしていると思うのですが、やっぱりたまには隅々まで細かい掃除をしたい。
すると、掃除機のコードを気にしながら時には足にぶつけながら、椅子や物を動かしながら掃除するわけですから、ついこんなグウタラなことを考えてしまいました。

足腰が悪くなると、屈むことや物をかかえることは大変な作業になってきます。

掃除機がぶつかったくらいでは骨折しないよね?
いつの間にか骨折って、どんなんだろう?
背中だけかしら?

などなど年齢とともに気になる事が増えます。

そして、年々突拍子も無い事、こうだったら楽なのになんてことを考えてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA