今日も、白いカリカリ汚れと格闘

今日も浴室掃除、白いカリカリした汚れと格闘しました。

白い汚れが気になるのは、キッチンのシンクと、浴室。

浴室は濃いグレーの床に付いた、金属石鹸ばかり気になっていましたが、浴槽にもよく見ると白い汚れ。

水垢でしょうか。

様々な洗剤を試していますが、簡単には落ちません。

浴槽の白い汚れも、濡れた状態ではあまり目立ちません。

だから、掃除しても乾くまで、落ちてるのか落ちてないのか解りにくい。

一気にやるのに疲れてしまい、気が向いた時に限られた箇所だけを試すつもりでやってます。

時間をかけて一気にやっても、掃除前とほとんど変わりません。

汚れが落ちる洗剤やスポンジ・ブラシの種類がわかれば、自分でも頑張る気になれそう。

そう考えてからは、beforeの写真を撮って、10cmだけ掃除、after画像も撮影。

それでも、解り難いほどしか変わらず、やるだけ無駄・・・・

と、思う時も。

しかし矢張り購入した洗剤で何とか落としたくて、今日も浴室をやりました。

今日は、浴槽の汚れ落としがメイン。

使ったのは

プロ仕様の酸性洗剤(アズマジック)と、スポンジ、お掃除スティック。

洗剤は、以前生協で購入したのですが、現在は在庫限りのショップにあるだけのようです。

製造中止の商品を書いても仕方ありませんね。

色々使って思うのは、白いカリカリした汚れは簡単には落ちません。

酸性洗剤と、道具、繰り返して洗う

一気には落とせません。

使用方法にも、「汚れがひどい場合は繰り返して使うとより効果的です」と記載してあります。

マーナのキラキラスポンジですが、これもかなり以前に購入し最近は使わず仕舞ったまま。

マーナのオンラインショップのキラキラスポンジバスタブ用と同じかと思います。

マーナの水垢とりスポンジも良さそうです。

放置時間2〜3分と記載があったので、そんな感じでスプレー後、キラキラスポンジで洗い、自分の感覚では綺麗になった!!

しかし洗剤を洗い流した後も、乾くまで待てずタオルで拭いてみると・・・・・

多少は落ちたものの、やっぱり水垢があります。

泡が直接当たった箇所は、ある程度までは落ちてるのですが、スポンジでのばしながら洗った箇所は落ちていません。

二度目も同じ様に洗いましたが、全ては落とせず。

次は洗剤をスプレー後、2〜3分経過し汚れが緩んだところで、楽天市場で購入したお掃除スティックで力の入れ加減に気を使いながら、カリカリ擦りました。


(よく見ると、多少ガタガタしてます)

汚れは濡れているとわかりにくいので、汚れの箇所に当たるとカリカリする音と、スティックに伝わる手の感触を頼りに、擦り落としました。

スティックが凸凹してると、逆に傷をつけそうなので、最近購入した新しいスティックを使いました。

タオルで拭いて確認すると、これでかなり綺麗になり手で触るとツルツルしてます。

しかし所々に汚れが残り、下の画像のような状態。


(写真に撮るのが難しく、照明の当たった箇所が分かりやすかったのですが、オレンジ色は照明の反射)

乾いた状態で、素手で触ると汚れの残った箇所は分かりますが、濡れた状態の洗ってる途中では分かりにくいです。

結局は頑固汚れになる前、軽い汚れのうちに酸性洗剤を使って落とすのが良さそうです。

手作り酸性バスクリーナー

キッチンも浴室も、販売されてる多くの洗剤は中性洗剤。

これでは、水垢はたまる一方。

クエン酸スプレーを使っても、頑固な汚れは落ちません。

台所洗剤の「キュキュットクリア除菌」には、クエン酸が入っているので日頃使う台所洗剤を変えると効果があるのでしょうか?

一時的に使ったことはありますが、特別な記憶がありません。

洗剤は、変色に気をつけて、スポンジやこすり落とすスティックは傷をつけないよう気をつけて。

これしか無いですね。

変色は見た目が最悪ですし、傷をつけるとそこに汚れが入り込み、ますます落とせなくなります。

まだまだ少しづつ、ボケ防止を兼ねて、白い汚れ落としチャレンジは続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA