湿布薬、メーカーが違っても同じ様なものと思っていました。
現在使用しているのは右臀部に大きいサイズ1枚。右足ふくらはぎには小さなサイズを2枚。

かぶれるから、貼るのを止める時もあるし、くっ付きすぎて剥がす時が痛い。
肌に張りが無くなっているので痛いです。
最初に処方されていたのは「カトレップテープ」、一日2回でした。

違うタイプに変更してもらいました。
ロキソニンテープのジェネリックです。

その後薬局の人に教えてもらって知ったこと、色々。

湿布薬には、一日に2回貼るタイプと1回で良いタイプがありました。

どちらも副作用は殆どありませんが、、皮膚の敏感な人は発疹、発赤、かゆみ、刺激感などの症状です。
また、モーラステープは直接日光に当たらない様注意されます。「光線過敏症」日光アレルギーとも呼ばれ、日光に対する過敏な免疫反応が起こることがあります。

他のテープでは大丈夫の様です。

今回は、ジェネリックのロキソプロフェンNaテープを出してもらいました。
くっ付き加減は少しソフトですので、下着やズボンの上げ下ろし時に端っこがめくれそうになります。

個人的には一日2回のタイプより、一日1回の方が楽です。
同じタイプ、同じ量の処方をしてもらっていないので、単価の比較ができないのですが、金額的にも一日1回のタイプの方が安いです。

一番は効き目と、自分に合う事ですが特に変わらなければ安い方がいいですよね。

通院を始めて約半月で、1万円を超えました。
この調子だと月2万円??
年金暮らしだとこれは厳しいです。
健康じゃ無いと年金だけでは暮らせません。

通院もいつまでかかるか不明なので、金銭的な不安がのしかかります。

リハビリも注射も・飲み薬も殆ど効果ありませんし。
理学療法士によるリハビリ、2単位の40分は高い。
医師の診察より高いです。

せめて、効果が現れてほしい。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク