大げさな事ではないのですが、観察力が無くなっています。
視野が狭いというか、何とも抜けています。

60代前半は世間的にはまだ若い、現役で働ける年齢のはずですが、手術で体に人工物が入って以来、どうもいけません。
痛みはとれても、体の機能としては元に戻らない為難しい事が増え、それと共に活動量も減り、思考力も衰えている私です。

チョットしたことでつまづきます。
怖いので、出来るだけコードなどを跨がないようにしていますが、それでもうっかりが多いです。
食器棚の下の扉を開いて食器の出し入れをしていて、思い切り膝の古傷にぶつけた時は悲鳴が出ました。
少し治まっても、歩いたり力が加わると痛い。
半月板を痛めたのでは?などと不安になります。

WolfBlur / Pixabay

昔のように楽観的に考えられなくて、痛みが引かない時は不安が強くなります。

そして、ネットでポイント消費の買い物をし届いてみると、そのままでは使えない物を購入していたり。

届いても暫くは、何故使えないのか??と暫く悩みます。
根本的なところが抜けています。
その商品を使用するためにはポイント消費の買い物の2倍のお金を出して追加部品が必要とわかり、そのままにしています。

ネットって、便利だと思うのですが勘違いも多いです。
私だけでしょうかね?

こんなにぼや~~としているせいか、この頃は車で遠くに行くのが億劫です。
長時間の運転も姿勢を保つのが辛いですし、なにしろ注意力が欠けているので不安です。

世の中80歳以上でも運転していらっしゃる方、尊敬します。
私はとても無理です。

多分75歳位では運転免許を返上していると思います。
その前に免許証は身分証明としての役割になっている事でしょう。

車を購入するより、バスとタクシーで移動する姿が目に浮かびます。

せいぜいそれまで安全運転です。
あっ、でも自動運転装置の時代になり高齢者でも運転できるとか??

これから15年後は世の中どう変わっているのか予測が付きません。

そういえば、産経ニュースで「ピースサインが危険」と出ていましたね。

7553cfdaae3743363915d959f999e838_s
テレビでも取り上げていました。
ピース画像の写真をネットにアップすると個人と指紋を特定される恐れがある、と。
指紋の他に、顔画像、目の虹彩など生体情報をネットからでも読みとり出来、悪用される心配がある。

指紋が犯罪に悪用されて、現場に残されるなど本来の目的とは異なる使い方がされてしまう。

画像のupは慎重にした方が良さそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。 クリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク