どんどん貯蓄が減っています。

入ってくるものより、消費している方が多いのですから当然です。

スマホの家計簿アプリで、精査して見ました。

2016年より、2017年の支出は減ってはいるのですが・・・・・。

年金収入だけで暮らそうと思ったら、衣類や電化製品の買い替え旅行などが入ると、即座にマイナスです。

食費、光熱費、娯楽費などはさほど贅沢はしていませんが、やっぱり衣類やパソコンなど購入しているので赤字です。

パソコン系は何年かに一度の消費ですが、問題は衣類。
安いと思って購入しているけれど、結果的には買わなくても済むもの。

♦私が現在基本的消費としているもので、見直しできそうなものをピックアップしてみると

  • 化粧品(安いものに変更)
  • 車の保険(ネットの保険会社)
  • 固定電話の契約(月に1000円減らせる?)
  • 食費と光熱費はもう少し節約が可能かも??(両方で月1500円位可能?)

♦基本的消費以外の見直し項目

  • 衣類
  • スイミングスクール
  • 家電などの買い替え(一部の機能が壊れても使用できるのでは?)

基本的消費支出以外の項目は、買うときには貯金下ろしてまで必要か検討する必要があります。

このように考えると、節約が全く出来ていないことに気づきました。

最近、ドアホンの機能が一部作動しなくなりました。

チャイムの音はなるけれど、全く通話ができなくなりました。
昔のドアホンなので、画像は白黒。
1階では、画像の確認はできるけれど、2階は画像が乱れて下半分しか写りません。

服装から、近所の人らしいことはわかっても顔がはっきり映らないので、誰だかわかりません。

買い替えも検討しますが、チャイムの音は鳴る。

さあどうする?

貯金が目減りするけれど買う????と自問自答。

病気で医療費がかさみ、基本的生活すら賄えなくなるのでは?と不安です。

今は、無駄を省くようにはしていますが、トコトン節約できているかといえばできていません。
エアコンも普通につけますし、贅沢はできませんがそこそこ普通(?)に暮らしています。

でも、これからはもっと引き締めないとダメだと思っています。

ダイレクトメールやカタログも全てを止めるか。買い物しなければ不要です。
(以前、カタログは一部を止めましたが、まだ2社から届きます)

メールもクーポンが届いたり、セールのお知らせが届くと気になります。
初めから見なければ気になることもありません。
必要な時に自分から、アクセスしてみるだけで良いと考えるようになりました。
一方的に配信される広告。全てに目を通しているわけではありませんが、届けば見ることもあります。
節約には、初めから見ないのが一番です。
時間の節約にもなります。

トコトン、節約をすべき時期が来ているのかもしれません。

一人暮らしの年金だけで賄う生活は、こんな感じです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク