昨日(5/9)「マツコの知らない」で、紹介された「一生使える日用品」、気になったものがあるので調べてみました。

リアルジャパンプロジェクトの河内宏仁さんが紹介された商品がとても気になりました。

紹介された商品はどれも素敵でしたが、特に気になったのは、

マツコさんがパン切り包丁で食パンとサンドイッチを切られましたが、パンくずがほとんど出なく、それはもう惚れ惚れするくらい滑らかな切り口でした。

すり鉢は

完成まで9年を要した美しい櫛目

顧客から「左利き用のすり鉢を作ってほしい」と
頼まれたことがきっかけとなり、
力を入れずスムーズにすれる「波紋櫛目」を開発。
あらゆる試作を重ね、左右どちらの方向に回してもしっかりとくし目に当たり、
さらに見た目にも美しいバランスを追求し続け、実に9年の歳月をかけて完成したオリジナルのすり鉢です。

本当に美しい波のような櫛目の流れと、今までなかった豊富なすり鉢のカラーです。

(出典:リアルジャパンプロジェクト)

さらに口付きで汁気のあるものが注ぎやすい。 そのまま食卓に出しても映えるデザインで、器としても素敵です。
すり鉢のサイズも3寸、4寸、5寸、6寸とあります。

これを購入する時には、目の間を掃除する「山本勝之助商店(やまもとかつのすけしょうてん)】棕櫚(しゅろ)の1玉硯洗い」も欲しいです。
野菜洗いとしてや、鍋や食器のこびりつきなど細かい汚れのお掃除にも最適だそうですので、ぜひ一緒に欲しい。

どれも人気で、数ヶ月予約待ちの商品もあります。

いつかは手にしたい商品と思ったので紹介しました。

日本人で良かったと思えるような商品が、他にもたくさん紹介されています。

全国ブランド一覧もありましたので、出身地の商品も気になり覗いて見ました。
自分の生活に潤いを与え役に立つ商品、いつかは購入したいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。 クリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク