最近よく目にする「ミドリムシ」

虫と付いているけれど、「藻」の一種だそうです。

和名は「ミドリムシ」ですが、学名は「ユーグレナ」

(出典:株式会社ユーグレナ)

インターネット上でよく見かけます。

よくある健康食品や化粧品かな?ぐらいしか知識がありません。

ところが先日、車で信号停止していた時に隣の薬局の前に大きくユーグレナの広告がありました。
(株)ユーグレナという、東証一部の企業があるのですね。

ミドリムシを中心とした微細藻類に関する研究開発、生産、販売をしている会社でした。
機能性食品、化粧品、バイオジェット燃料まであります。

ミドリムシは、体内の葉緑体によって光合成を行う単細胞生物(微細藻類)であり、古くからその有効活用について活発な研究が行われてきました。 人間が必要とする栄養素のほぼ全てを含むミドリムシは、特に機能性食品や化粧品としての有効利用に期待が注がれています。また、太陽光と水と二酸化炭素だけでも成育することから、大量の食料を搬出できない宇宙などの閉鎖系環境における食料源としての研究もされてきました。

 

ミドリムシは水と光と二酸化炭素があれば育つことができ、
その生産効率は稲の80倍とも言われています。
また、人間が必要とする栄養素を豊富に備えているため、
食生活が乱れた現代人にも良いものです。
いずれはこのミドリムシを栄養事情が悪い国で生産することで、
食料問題、そして国家間の紛争などの問題解決に・・・・

出典;株式会社ユーグレナ

もしかすると将来、ミドリムシが地球を救うかも知れないのですね。

何だか凄そうですよ。

老化現象の進んでいる私で気になりますが、良いからと何でも生活に取り入れられる懐事情ではありませんので、「ホー」で終わり、一つ言葉を覚えました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク