MRIデータを持って、手術した大学病院を受診してきました。

状態はさほど悪くないそうなので、近くの整形外科で続けて様子見となりました。

痛み止め(ロキソニン)とリリカカプセルと、ロキソニンテープで凌ぐしかなさそうです。
あとは、理学療法士のリハビリです。

日中は無理しなければ、苦痛を感じることは少なくなったので、何かやろうというやる気も出てきました。

グダグダと食べてばかりいると、太るし運動していないので筋肉落ちてゆるゆるです。

どうして横たわった状態から起き上がると激痛で、歩けなくなるのか医師は説明してくれません。
理学療法士は骨盤がズレて痛みが生じているようなこと、言ってました。

朝が一番痛いのでゴミ捨てはヨタヨタ歩いていきます。
帰りは手ぶらなので、PTに教わった通り両手で、骨盤をぎゅーっと挟み込むように抑えながら歩くと痛みが軽減して歩きやすくなります。

救いは短時間横になる状態から、起き上がっても痛みはほとんど感じなくなったこと。

少しは良くなっていると信じて前方の光を見つめ、楽しいことをやりましょう。決して悪い方に考えない、後ろを向くのは止めようと思います。

楽になってくると、病院の帰りも寄り道しようと思えてきました。

昨日はメガネ屋さんで、メガネの調整してもらいました。

近所のメガネ屋さんで、ゆるくてズリ落ちるようになったのでとお願いしたら、ネジを締めてくれました。
確かにきつくはなったのですが、鼻パッドの跡がくっきり付くようになってしまって・・・・

きついのにズレるので、ズレた場所と跡が2箇所できるようになって困ってました。
(化粧がヨレる)

昨日はメガネを作ったお店に行って、調整してもらうと軽く感じるのにズレなくなりました。

メガネのツル(テンプル)からモダンと言う曲がってくる部分、この部分の位置によってフィット感が違ってくるようです。
自分の顔にあっていないと、下を向くとズレると。

適度な緩みが必要で、きつければ良いものでもないそうです。

知らなかったです。

フィッティング調整がきちんとできる認定眼鏡士さんに見てもらうと、掛け心地が全く違います。

以前届いたダイレクトメールのティファニーのメガネを掛けてみました。
顔に全くあっていないので、掛けた瞬間痛いです。
掛けていられません。多少調整はできるのでしょうけれど・・・・
欧米のメガネは欧米人の骨格に合わせてあるので、日本人には合い難いそうです。

日本人の骨格には日本製がピッタリ。
平たい顔の私には、無理でした。

以前使用していたプラスチックフレームも、長時間かけていると頭が痛くなってきます。

軽いメガネに慣れると、おしゃれなプラスチックフレームはもう掛けられなくなってしまいました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク