電力の自由化で基本料が不要で安いというのを見ました。

Looopでんきです。

気になって、ワクワクしながら

早速シミュレーション。

Loop電気、こちらで試算できます。

少し期待したのですが、我が家では全くお得になりませんでした。

Loop電気のサイトでシミュレーションができますので、ご家庭の使用量を入力すると、現在の電気代との比較がでます。

2016年の10月から2017年9月までの1年分を入力して比較しました。

結果は今までの電気代 158,140円

Loop電気に変更すると、141,275円

年間で16,953円お得です。と表示されました。

ところが、

我が家は電化住宅で実際には、同じ時期での実際の支払額の合計は、114,502円でした。

つまり全ての熱源を電気で賄っていて、ガスを一切使っていません。
現在では私が契約している電力会社のプランは新規契約はできませんが、電気でお湯を沸かす深夜電力が昼間の約1/3の金額に設定されています。
この割引金額を含んでの試算をすることができないので、自分の現在の金額は実際の支払額で比較する必要があります。

電化住宅の電気は深夜の安い電気を上手に使うことで、電気代の節約ができるのですが、逆に日中は通常料金より少し割高です。
それも、夏の日中は一段高です。
ですから、日中も気にせず電気が使えたらベストと思い、興味を持ちました。

すると今までの電気代として表示されたのは、通常の電気プランでの料金です。
また、契約が6kVAですので、そのままの数値を当てはめると従量電灯Bプランになりますので余計に高くなったのですね。

Loop電気にはシミュレーション利用上の注意として、
「燃料調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含んでおりません」と書いてありますので、実際にはもう少し高くなる可能性があります。

私の場合は、全くお得にはなりませんでしたが、電気の基本料が不要というのはとても魅力的ですので、一度試算されると良いと思います。

また、よくある質問には以下の記載もありました。

  • 売電先の切り替えで費用はかかりますか?

    切り替え工事費用等は発生しませんが、申込書類の郵送料金が発生いたします。
    また、現在売電中の電力会社によっては違約金が発生する可能性がありますので、現在の売電契約をご確認ください。

電力切り替えを検討される場合には、うわべの数字だけでなく実際支払金額との比較をオススメします。

良いプランが見つかるといいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク