自分の血圧が高めであることは知っていましたが、我が家に血圧計はありませんでした。

自宅で測ってもらうと、ギリギリ許容範囲で購入しなくても大丈夫と言われていましたので。

しかし、昨年の健康診断で判定「D」の要治療と出てしまいました。
これまでは経過観察の範囲だったのですけどね。

毎年、上昇しています。
他にも気になる症状があって、かかりつけ医に相談すると家庭血圧が重要なので血圧計を購入して朝晩測るように指導を受けたので、3月12日から血圧計デビューして測っています。

血圧を測るタイミング

  1. 朝の血圧測定は、起床後1時間以内に、排尿後、朝食前、服薬前
  2. 夜は寝る直前

測るタイミングや血圧のこと全く知らなかったので、測定した結果どのような時に下がるのか知りました。

そう、運動した日は下がっているのです。
朝より、寝る前の方が低いです。
運動した日は下がるので、運動が楽しみです。

高血圧対策の運動が重要であることを身を持って感じています。

神経質にならないよう、測れない時もありますができる限り測ってノートに記録しています。

この記録ノートは、病院隣の薬局で血圧計の相談をした時にもらったものです。
A6サイズですので、血圧計の収納袋にちょうど良いサイズです。

血圧計には記録呼出スイッチがあり、過去の記録を見ることもできます。
しかし、ノートに記録する方が一目瞭然ですので、ノートに書き出しています。
ウ(ウォーキング)プ(プール)などと、その日の運動がわかるように書くと、どんな時に血圧が高いのか良く分かります。

記録回数も私のは60回までですが、ノートに記録するならばさほど回数にこだわる必要もないと思います。
オムロンのサイトをのぞいて見ると、血圧記録表と血圧グラフがダウンロードできました。
とりあえず私はノート管理を続けようと思います。
A6サイズのノートは100均にも売っていますしね。
この小さいサイズのノートはレコーディングダイエット(食べたものを全て記録するダイエット)にも便利でしたし、私は便利に使っています。

腕帯は消耗品なんですね。知りませんでした。1日6回の測定で1年だそうです。
腕帯にも種類があり、軟性腕帯とフィットカフがありました。
私はは不器用なのでフィットカフを選びましたが、普通の軟性腕帯で良かったかもしれません。

ネットで購入したので、使いやすさを試すことができませんでした。

情報はネットで調べてから、一度店舗でも見た方が良さそうです。

その上で、送料や故障した際の修理保証なども含めて検討するのが賢いと思いました。

追記

チューブレスの機種もあるのですね。
知りませんでした。
毎日使用するのにこのチューブが厄介です。
チューブレスで腕帯と本体が一体化しているもの、オムロンの「HEM-7600T」便利だと思います。
しかし、お値段がね。
ネットショップでも2万円近い価格です。

Bluetooth通信機能搭載でスマホにデータを送って管理できるのも便利で良いと思います。
気になるので、耐用期間も調べますと「10,000 回もしくは 5 年のいずれか早く到達した方」でした。

予算が許すならば、使いやすいと思います。
ただし、現物は見ていないので書面のみの感想です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク