家計簿ですが、昨日も書きましたが現在は家計簿マム(PC専用)とMoney Forward(スマホアプリ)の二つを付けています。
しかし二つを付けるのは無駄なので最終的にはMoney Forwadの一本化にしたいと考えていますが、過去のデータを調べるのは慣れている家計簿マムの方が楽です。
Money Forwardは銀行、クレジットカードカード、プリペイドカード、ポイント有効期限の管理が楽なので、一度使ってしまうと手放せません。
スマホで使えるアプリで無料で使用できますが、無料版では金融機関の登録件数や過去のデータが見れるのに制限があります。
有料版は月額480円ですので、年金生活者には決して安くありません。
今のところは、ためたポイントをiTunesギフトコードに交換して支払っています。
年金生活で入ってくるお金は少なく、管理するほどの物は無いのですが、何かと便利に使用しています。

img_1125

まず、銀行に行かなくてもネットで金融機関のサイトにいちいちログインしなくても残高や入出金も全てわかります。
アプリ自体もパスワードと指紋認証ができます。
例えば1000円以上の入出金があれば通知すると設定しておけば、お金が動く都度スマホにアプリで通知されます。
このアプリを利用するまでは、ネット銀行はログインしないと入出金が把握できず不便でしたが、アプリで簡単に動きがわかります。
体が不自由とか、交通の便が悪くて外出が難しい人はこのアプリ非常に便利です。
勿論、タブレットでも使用できます。
インターネットでPCでも使用できます。
現金で支払った物は自分で入力する必要がありますが、通常はレシートをスマホのカメラでパシャっと撮るだけ。
初めて使用した時は何故が、金額を上手く読み込めず難しかったですけれど、慣れるとそうでもありません。
どうしても難しい時は、とりあえずそのまま取り込み後からPCで修正します。

銀行引き落としやカード使用分は何もしなくてと金融機関、カード会社と連携を取ることで自動的に入力されます。
仕訳が未分類と表示される時には、後から自分で修正します。

ただしレシートから読み込んで細かい明細、大根100円、トイレットペーパー300円、など一つ一つが必要な場合はパソコンで修正が必要です。
大雑把で良い場合でも、食料品とトイレットペーパーなどの雑貨が含まれている場合も項目が違うので修正が必要となります。

大まかで良い場合やとにかくお金の流れを知りたいとか、カード使用の把握をしたい場合はとても便利です。

もし興味がありましたら、無料版から使用されると良いと思います。

家計簿アプリで検索すると他にも沢山あります。
レビューが多く人気なのが「家計簿Zaim」、私もダウンロードしてスマホに入っていますが実験的に使用したままです。
こちらも無料で使用できますが、有料版は360円。

img_1124

どちらも最初はレシートの読み込みが上手く出来ずにイライラしました。

使い方は慣れれば、どちらも大丈夫かと思います。
Zaimは実際に使用していないので、わからないのですがメニューが色々あって楽しく付けられそうです。

他にも複数のアプリがありますので、一度試されると便利で手放せなくなるかもしれませんよ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。 クリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク