全く医学知識のない素人の判断ですが、私が痛くて苦しんだ坐骨神経痛は「仙腸関節障害」だったのではと思います。

整形外科に通っても、大学病院で検査をしてもこの病名は付いていません。
出ている症状は坐骨神経痛ですと言われただけです。

痛み止めの注射も、貼り薬も、飲み薬もさほど効果はありませんでした。
特に痛かったのは、寝ている時と、寝返りを打つ時、体をうつ伏せや仰向けにした状態から起き上がる時、起き上がってからが痛かったのですから、リハビリも辛く、本当は受けたくないほどでした。

私の場合、最初は本当に筋肉痛かと思う違和感から始まり、最初がさほどではなかったので1週間様子を見て(我慢して)痛みが増す一方でやっと病院へ。

病院に行ってもほとんど効果がない、通院を辞めようと思いながらもあまりにも痛く不安だったのでとにかく3ヶ月はきちんと通いました。
通院しながらも途中から、どうも違うと思い始めてネットで情報を検索しては自分に合うものを試しました。

少し試して痛みが増すものは却下。

病院の医師にも、理学療法士にも痛みが増すことはやらない。
痛みが強い時は安静にと言われていたので、それはきちんと守りました。

でもでも、薬もリハビリもあまり効果がなかったのです。

結局ネットで調べて、自分が気持ちがいいものを取り入れました。

今でも続けているこちら仙腸関節ストレッチです。

仙腸関節のズレを解消するストレッチ体操、一番最初に出てくる動画のかえる足体操です。
動画があって分かりやすかったし、難しくなかったから。
時間も長くないし、どうにか動かせたし、気持ちの良いものだったので最初は朝、昼、寝る前と1日3回実施しました。

だいぶ楽になってきたので、時々忘れるというかサボってしまいますが、まだ完全に治ったわけではなく、このストレッチが私には必要です。今は1日2回しかしていませんが、たまに1回になります。いつもよりまた痛いと感じる時はやっていない時です。

坐骨神経痛の治療、対処法などと調べるて取り入れた運動もあります。
例えば、こちらのストレッチポール公式ブログの中からも一部できるものはやって見ましたが、私には痛すぎたりできない姿勢ばかりです。

仙腸関節障害という言葉をこちらのページで見つけました。

 

画像診断が難しいらしいです。

完全な素人判断ですし、自己判断で行ったストレッチですが、私の痛みは仙腸関節障害だと思います。鼠径部も痛いので、骨盤が痛いという感覚。今でも泳ぐと鼠蹊部から臀部までが痛いです。
かなり良くなった今は、じっとしているよりも休みながら運動して回復に向かっているので、これで良いと信じています。

全くの自己判断ですが、ネットから得られる情報もたくさんあります。

近くに頼ってみたい医師が見つかれば行く方が良いのですが、ない場合は仕方ないと思います。

ただし、原因がどこにあるのかネット情報の判断だけでは危険ですので、まずは病院に行くことをお勧めします。

私も2つの病院に行ったのですけどね。
薬が全く効果がなかったのか、相乗効果で今があるのかそれは分かりません。
まさか、医師に「この体操で楽になり他は全く効果ありませんでした」なんて言えません。

ただ、腰痛は病名もはっきりせず、治療しても効果が出ない場合が多いです。
私もこのまま一生、治らない痛みを抱えていかなければならない。
寝返りも打てない。寝るのが辛い生活が続くのかと思いましたので、ここまで回復したことに感謝です。

まずは病院に行くべきですが、効果がない場合ネットからの情報が自分に合う場合もありますよ!!でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク