ニットの背中についている紐。
こんな紐、昔は無かったのでどうすれば良いのか?

結構しっかり縫い付けてあるので、切り取る時にうっかり本体の部分まで引っかけてしまいそうです。

調べてみると、ハンガーループという名称でした。

スカートやパンツに昔からあるのと同じ役目をします。

ハンガーに掛ける時、この紐に引っかけたりハンガーから外れてずり落ちない様にハンガーループも一緒に引っ掛けます。

縫い付けてある糸がざっくりと縫ってある場合には、簡単に外せますがしっかり縫い付けてあると、切るか縫い目を解くことになります。
しかし、うっかり縫い目をとくと本体の縫い目がほどけるかもしれません。
切った場合には、切り目がほつれてボサボサになる場合もあります。

しっかり縫い付けてある場合には、このまま外さない方が良さそうです。

着るときに襟元からのぞかない様に気をつけないといけませんね。

のぞいていると下着の紐と間違われそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク