10月になっても暑くて、扇風機がしまえませんが、植物にとっては確実に季節が移り変わっているようです。

例年ですと、気付かない場所の彼岸花に気付いた10日前、いつの間にか金木犀の香りがと思っていたのに、もう花が殆ど落ちてしまいました。

そして、沿道沿いのお家の庭には色づき始めた柿の実。
コスモスが咲いている個所もありました。

今までは、これほどまでに自然に目が行きませんでした。
どうして今年はこんなに、季節の移ろいを感じられるのか不思議です。

何かの感覚が以前とは変わっているのか、時間があるから感じるのかはわかりません。

感覚的には若い頃より鈍くなっている部分が多いと思うのですが、気になる物が違ってきているのかもしれません。

さて現実ですが、金木犀の妙な枝ぶりが気になっていたので、花が終わったら先日の「のこぎり」で剪定。

image-3

この画像ですと良くわかりませんが、角度を変えるとおかしなスタイルなのです。
思い切って小さくすれば、自分で手入れができるのでやってみようと思います。
あとは、手入れしていない伸びきった芝生を刈らなくてはいけません。

とは言え、全く手入れをしていないので、伸びているのは建物やレンガのきわ。
芝刈り機はかけにくい場所。全体的にも狭い庭。
そしてデコボコ、芝生の中にはコケも蔓延っていて、お手上げです。

しかし、10月には庭仕事も色々やる事が沢山です。

台風が去ったら、寒くならないうちに外回りの家仕事もあります。
10月にやらないと、そのままやらずに今年も終わってしまいそうです。
スローペースの私ですから、どれだけ時間がかかるのかわかりませんが、一つづつ終わらせて行くしかありません。

がんばろ~~う(*^_^*)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。 クリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク