レコーディングダイエットを始めて、朝と夜の体重とともに食べたもの全てをノートに書き始めたのは5月29日です。

2ヶ月経過して数値だけですと3.5キロ落とせました。

最初の目標は、3ヶ月で3キロでしたので予定より早く目標達成です。

ただ、中身を見てみると体脂肪・内臓脂肪・BMIとあまり変動がありません。

骨格筋率もあまり変わらないですね。

プールに行って頑張れた日は、少し数値が良いですがそのまま安定しません。

上下しています。

そう簡単には、筋肉がつかないってことです。

ダイエットそのものも、10年前はさほど苦労しませんでしたが、10歳年を重ねると体重を落とすのは大変です。

最初の1ヶ月で2.6キロ落ちました。
残りの1ヶ月で0.9キロ減です。

体重は夜の入浴後と朝起きてトイレを済ませてから、パジャマの状態で測っています。
何度かパジャマの重さを計りましたが、どれも300gなので測った数値から300gを引いたものをノートに書いています。

10月に健康診断の予約を入れているので、それまでに体重を維持しながら中身の改善が目標です。

LDLコレステロール値が高いなど不安材料がありますが、どうなるか楽しみです。
ダイエットと、毎食全て薄味、タンパク質・野菜もバランスよくをこころがけています。

もし数値が悪くなっていたら、かなりめげます。

今までの手抜きでの数値ですから、簡単には改善しないのかもしれません。
仮に悪くても、その1年後に数値が良くなるのを期待して生活はできそうです。

それ位、さほど苦労して我慢はしていません。

一人暮らしなので、出来ることなのでしょう。

美味しそうなものを食べている人を見るわけでもないので、慣れれば逆に薄味の方が美味しいです。
手作りを心がけるようにすると、食材を無駄にして捨てることもなくなり節約にもなります。

夕食を作れば、次の日の昼食でも食べることができます。
そうめんやパスタ、もしくはお寿司を買って帰ったりすると、翌日の昼食に回せるおかずがありません。

そう思うと、今日はお寿司を買おうと思ってスーパーに行っても、よほど食べたいものがあれば別ですが、高いなぁ!!

じゃあお刺身にしよう→→お刺身も食べたいもので手頃なものが見つからない→→魚を買って調理しよう

と、なります。

鮭の切り身を買って、野菜も一緒にフライパンシートに乗せて、塩こしょうしてオーブントースターで焼きます。
焼きあがったら、オリーブオイルと、黒胡椒をかけていただきます。

野菜と大豆の水煮など豆類を「べんりで酢」や「かんたん酢」に漬けているので、これにあり合わせの野菜を追加してサラダにしたり、簡単な副菜を作ります。

一人だと外出して遅くなると、ついお弁当や惣菜を買ってしまいますが、ダイエットを始めてから買わなくなりました。

薄味が美味しいし、冷蔵庫に作り置きのおかずがあるとなんだか嬉しくなります。

お金のかからない安い女です。

退職しても最初は、節約と思いながら全くできていなくて、1年以上経ってやっとです。

私の体組成計の数値と同じで、まだ安定はしていませんが、少し達成できると嬉しくなり安定させたい。
中身を充実し無駄をなくしたいと、思うようになってきました。

しかし、まだまだです。
お財布の蛇口が緩んでいるので、ぎゅっと閉めて効果的な使い方が出来るようになりたいものです。

追記

レコーディングダイエットは、食べたものを記録していくだけというものです。

私は毎日、100均で購入したノートに口にしたもの全てを書きました。
1日の朝と夜の体重も書き加えました。
そして、運動や外出(たくさん歩いた日)なども書きました。

レコーディングダイエットは初めてではなく、体重が3〜4キロ増加すると実施します。
ただ書くだけでも、体重が増えた日に食べたものを見れば、理由がわかります。

できれば、何回かカロリー計算(こちらで紹介しています)をして見ると良いです。
インターネットでカロリー計算できるページもあります。
アプリもあるかもしれませんが私は使用したことがないのでわかりません。

実際のカロリーを知ることで、調味料も控え自然に薄味になります。
ご飯が少なめ、もしくは夜は抜いているのも自然に薄味になる理由です。

私はご飯が大好きですが、ダイエット中はご飯を炊いたら、80gづつ計って冷凍保存しました。
実際には1回目だけ計って後は、おおよそと大雑把です。

炭水化物は白米ご飯100gで160kcalです。

ダイエット中の目安は1食分の目安として炭水化物160kcl

これがパンですと、食パンでは6枚切りで1枚

クロワッサンですと35gです。
バターロールでは50g
スパゲッティですと乾麺で40g、そうめんは45g

ですから、私はダイエット中は基本的に朝と昼は白米か食パンにしました。

夜は炭水化物は抜きました。

パスタも大好きですが、カロリーが高いので食べませんでした。
どうしても食べたければ昼ごはんに60g程度を茹でて、ニンジンなどの野菜でカサ増ししました。

あとは意識してタンパク質を摂ることと、野菜などもできるだけ多く食べました。
きのこは低カロリーでお通じも良くなります。

私は一人暮らしなので、早食いになったり、食べ過ぎていたようです。

ダイエット中は、きちんとランチョンマットにセッティングして箸置きも使い、お皿もある中から色々チョイスして盛り付けたり、青じそやパセリのグリーンも使い、見た目を華やかにしました。

少し量が少なめでも、見た目を華やかにすると心が和みますし、セッティングに時間をかけていると食事もゆっくり食べるようになります。

ボリュームの少ないおかずでも、見た目とゆっくり食べることでお腹も満足するのか、お腹が空いて困ったことはありません。

逆に朝も昼もしっかり食べているのでお腹も空かないし、おやつも買い置きしないのですが欲しいと思うこともありません。

どうしても食べたければ我慢するより、少しだけ食べる方がストレスにならないと思います。

食べた量もノートに書くことで、体重が増えていればおやつに手が出なくなると思います。

ダイエット中はお惣菜の購入もしませんでした。
タンパク質や野菜を取りたい意識があるので、手抜きもせずバランスよく食べました。

外食は確か2度ほどでしたが、中途半端に食べるより、外でもきちんと食べます。
パンケーキで済ませようとかはダメです。
お肉などのメニューか、低カロリーメニューの和食です。

2ヶ月続けていると、少なめの量でちょうどよくなります。

そのうち、これまでの普通に戻って食べすぎの食生活に逆戻りで胃腸に負担がかかり体調が悪くなるのがいつもです。

歳を重ねるごとにダイエットは大変ですので、今の習慣を壊さず筋肉をつけるような生活を目指します。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。 クリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク