骨密度を測定してもらいました。

もう10年以上前に測った時は、同年齢と比べた水準がかなり良かったので安心していました。

ところが、
骨量は成人の場合ピークは20歳。
骨量は加齢とともに減少。
よって同年齢の平均水準だから安心ではないのです。

平均値骨量がどんどん下がるのですから、平均より上の水準にあげないと骨量は少なくなり、いつのまにか骨折の危険がある。

今回の私の数値は、対最大値は78.5%

これは同性の骨密度が一番高い年齢(20歳)と比較した割合が78.5%と言うことです。
こんなにも少なくなっていました。

対同年齢では98.2%

これも同年齢と比べ、少しですが少ない。

危ない危ない。

指導のコーナーもあったので、勉強してきました。

成人のカルシウム摂取の推定平均必要量は一日約600mg
骨粗鬆症を防ぐにはさらに100~200mg多く摂る必要があると考えられている。

カルシウムはしっかり摂れているかの自己チェック表を記入すると、600mgしか摂れていません。
このままでは骨がもろくなっていきます。800mg以上に増やすよう、毎日の食事を工夫しましょう。

えっ、え〜〜??

まだあと、200mgも
これは大変です。

私はコレステロール値が高いので、脂質は控える必要があり乳製品や卵はむしろ今より減らしたい。

保健師さんの話では、朝食をパン食から和食に変更。
1週間に3日を和食にするだけで、コレステロール値が下がるそうです。

味噌汁でワカメや豆腐をとり、納豆やイワシの丸干し、焼き魚、野菜のおひたしなどたっぷりでしょうか?
私は血圧も高いので塩分取りすぎは注意が必要です。汁も半分は残すようにと、以前保健師さんから言われました。

  • 乳製品、大豆製品、緑黄色野菜、小魚や海藻・乾物など色々な食品からバランスよくとる。
  • 1日30分、戸外でウォーキングを。適度な運動で骨に刺激を与えてカルシウムの沈着を促進させる。紫外線は体内で、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを合成する。
  • タバコ、お酒、コーヒーなどの嗜好品のとりすぎに注意。

テレビの健康番組などでも取り上げられているので、多少は知っているつもりでしたが、改めて実感しました。

仕事をしていない今一番の仕事は、健康管理。
一人暮らしで自由な分、いい加減すぎました。

またまた、気をつけることが増えました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク