自動音声応答って、苦手です。

自分の要件が何番に該当するのかよく聞いて、該当が解らないともう一度聞きなおして、番号をプッシュしたり。
今はほとんど、自動音声応答ですよね。
神経を集中して聞きますが、歳とともに苦痛になっていきます。

10年後にできるかしら?

昨日やっと、携帯電話会社を移転することにして手続きをしたのですが・・・・

相手が新人で、同じことを喋るもう一人の人の声が聞こえてくる状態だったのですが、ひどい目にあいました。
おかげで私は3回電話して同じことを3回も喋って、操作する羽目にあいました。

あるキャリアに電話したら、新人さんのようで、同じことを喋るもう一人の声が聞こえてきます。
ハウリングしているようで鬱陶しい。
でも、それは我慢するしかありません。

ところが、MNP転出の予約番号を発行してもらう為に電話したのですが、その前に

新人さん:これから案内する番号に電話してSIMロックを解除してもらってください。
それから予約番号を発行します。

私:そのような事はHPのどこにも記載してないし、第一私の携帯はSIMロックの解除の必要はないと思います。iPhone6ですよ。
7月1日にも一度電話していますが、そのような案内はありませんでしたよ。

新人さん:ホームページが分かりづらくて申し訳ありませんがSIMロックの解除が必要です。
1日に案内したものが間違えたのでしょう。

私:(そこまで言われるならとシブシブ)そうですか、そちらへ電話してSIMロックを解除してから、もう一度MNPの予約番号を発行してもらうために、またこちらへお電話するのですね。

何度も確認して、電話口からはもう一人が同じことを喋るハウリングのような声がします。

次に教えられた番号に電話して、また自動音声の案内に従って操作。

自分がかけたい案内が何番に該当するのか?
対応先がわからなくて、集中してもう一度聞きなおしたり。
案内に従って、電話番号や暗証番号をプッシュしたり、やっと繋がっても、また同じことを聞かれて答えて、その挙句に

相手:この機種はSIMロック解除はできない機種ですので対応できません

私:ですよね。

自分でも必要ないとわかっていたのですが、先ほどのキャリアの新人さんがなんども確認したにも関わらず、そう言われるので仕方なく電話したのですよ。

対応できませんで間違いありません。
その事を私は十分承知しています。
しかし、よくわからない人だったら、言われた通りに電話して「対応できません」と言われたら何が何だか訳がわからないと思います。

再度携帯キャリアに電話、また、同じ操作。

同じことを聞かれるし(怒りです)

途中で、先ほどまでの経緯を話しました。

申し訳ありません、○○に指導しておきます。

この場合、新人さんを指導していた人に問題があると思うのですが。

もう一人の人が喋るのを、オウムのように喋る新人さん。

指導する立場の人がいるので、おかしいと思いながらシブシブ従った私。

サポートセンターって、喋り方は丁寧だけど、決まったことを喋っているのかな?
それにしても携帯の機種は色々あるのだから、もっと勉強しようよ。
こちらの喋ってることにも、耳を傾けてね。

そして次に移転先での手続きですが、なんと利用しようと思っていたキャンペーン期間を3日ほど過ぎてしまい、3ヶ月間の割引を受けることができませんでした。

これは私のミス。
自分に腹は立つしで、暑いのに苛立った1日でした。

それにしても、情報を調べるのに今はインターネットの時代。
いつでもどこでも調べられて便利になる一方で、それらを利用するのが難しい世代になると逆に不便な時代だと思います。
「IT難民」そんな言葉、あったかな?
便利と不便は人によって違うし、裏表に存在します。

高齢者でITが苦手な人、得意だったけれど体の機能の衰えで難しくなる人とそれぞれです。

高齢者が増えていく世の中ですから、便利の追求の隅に押しやられがちな人にも優しい世の中であって欲しいです。
やっぱり人の対応も重要だと思うのですが、今は対応してくれる人(人間)に繋がるまで電話口の操作が必要です。
繋がっても、喋り方はとても丁寧だけれど、決まったマニュアル通りに喋る人。それ以外だと別の人に聞きに行ったり、マニュアルで確認したりでとても時間がかかります。

サポートセンターに電話するときには、時間がかかることを覚悟して、トイレを済ませてと準備が必要です。

便利になっているのだけれど、なんだかなぁ??

今の私は電話する前に自分で調べて十分時間も費やしています。そして電話でまた時間がかかる。
相手がどこまで調べているか、どこまで理解できているかも聞かずに対応する人もいるし。

暑いせいかな?こんなことを考えると便利さに故に不便になってるなあとまた、怒りが・・・・

怒るのは辞めて、笑顔、笑顔と、入力。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。 クリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク