実は私、少し前までエコキュートやIHそして太陽光発電の販売・修理の会社で働いていました。

そのせいか、電気料金のプランや電気代の節約がとても気になります。

プロパンガスの地域ではガス代が非常に高いので電化住宅で深夜電力を使ってお湯を沸かす方が安いんです。
とは言え、エコキュート(給湯器)の価格はガス給湯機より高いですので一概には言えませんが・・・・・

IHコンロはガスコンロのように炎を使わないので、夏場のキッチンの温度が上がりません。
なんてったって、掃除が楽、サッと一拭き。
落ちにくい汚れは、ジフをガラストップに直接滴らして、クシャクシャしたラップでこすります。
これで簡単に綺麗になります。
最後に布で洗剤を拭き取ってくださいね。
ガラストップが汚れたまま使うと、温度センサーが働かなくなったり、鍋の底が汚れたりしますので、綺麗にしましょう。

歳を重ねると、火を使うことで袖口への引火など心配な部分もありますが、炎がないので安心です。
上昇気流が発生しないので、レンジフードが汚れにくい。
なんだかいいことばかり書きましたが、デメリットももちろんありますよ。

磁石がくっつく鍋しか使えませんし、底があまりにも薄い鍋ですとすぐに変形し、IHが鍋を感知しないのでエラーが表示されることもあります。
ですから、鍋は重いですし、薄い鍋よりも鍋もフライパンも少し高価になります。
夏場涼しいということは、冬場に寒い(でも、どうせ暖房しますよね)

電気と言えば、太陽光発電のシミュレーションも、メーカーのソフトを使用してやっていました。
図面を見ながら、太陽光パネルを乗せて計算します。

メーカーごとにパネルサイズも発電量も違いますので、ベストなメーカを探します。
ソフトが入っていないメーカーの場合は、メーカーの直販店(?)にシミュレーションを依頼します。
パネルのサイズがメーカーごとに違うので、総合的にメーカーを選びお客様に提案します。

でも我が家には載せていません。
屋根の形状と向きで、どのメーカーを選んでもメリットがあまりないからです。
そして家ももう古いので、そのまま載せてしまうと屋根をやりかえる場合に費用がかさみます。
外したり、再設置したりとなりますので。

電話や飛び込み営業の場合は、そこらの事情は全く考慮に入れずにお得!
今なら格安でとか・・・・、とにかく売ればいい、みたいな。
地域に密接した業者さんはそのような事はありません、あとのアフターフォローも大切ですからね。

町中の屋根を見ると、中には少し屋根からはみ出して設置されているお宅もあります。
大丈夫なの?とお節介ですが気になります。

きちんとしたメーカーであれば、そのようなパネルの設置はパソコンソフトが受け付けてくれないので、設置できるシミュレーション枚数は少ないです。
もちろん少々の範囲であれば、手動で手直しは可能ですが、はみ出しては設置できませんので無理な設定枚数はお断りします。

太陽光発電のみのでは余剰電力の買い取り価格も、補助金(自治体によっては2017年度はありません)も以前に比べるとお得感が少ないので、最近は家庭用燃料電池システム(エネファーム)の勧誘がありました。

そもそも、地域に密接した会社や大手などきちんとした会社は、営業電話も〇〇(〇〇電力)の方からなんて電話も、絶対にしません。

今でも太陽光の勧誘電話もかかってきますが、多分私の方が詳しいのでこの手の勧誘だけはキッパリと断れます。

他の勧誘は、相手の方が上手なので断るのも大変ですが、負けずに頑張って断ります。
電話に出ないのが前提ですが、出てきちんと断るのも良い方法です。

特定商取引ガイドの再勧誘禁止(法17条)で契約等を締結しない意思を表示した者に対する勧誘の継続や再勧誘を禁止しています

電話勧誘を断る方法、調べて知った知識も何となくしか覚えられず、必要部分をコピーしマーカーでわかりやすくした紙を、電話の側に置いて対応しているこの頃です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサードリンク